新米ウェブマスターのためのウェブマスターブログ

ディザリングとは何ぞや?今さら聞けない知ったかワードその2

2014年1月18日 03:05

dithering

GIF 画像を書き出す時などに見かける「ディザ(ディザリング)」というやつ。なんか100%まで上げるとグラデーションの仕上がりが良くなるアレです。
このディザリングとは一体どんな技術で、実際にどんな処理が行われているかご存知でしょうか?

GIFで美しいグラデーションを表現するには、ディザリング無くして成しえません。
地味だけどすごい。
そんな職人肌的技術、ディザリングに迫ります。

 

たった2色でグラデーションを表現できるか

#FF0000から#CC0000のグラデーションで検証してみます。

まずは24ビットカラー

これが理想です。
たった2色でどこまで近づけることができるでしょうか。

では、ディザ0%2色で書き出してみましょう

ただの2色になりました。
まぁ当然の結果です。2色で書き出しましたから。
いよいよディザリングの登場です。
今度はディザ100%2色で書き出してみます。

どうにかしてグラデーションに見せようという努力が窺えます。
拡大してよく見てみましょう。

わかりますか?
2色のバランスを徐々に変化させることで、グラデーションを表現しようとしています。
これがディザリングという技術です。

まとめ

ディザリングは色が不足しているときに用いられます
つまりGIFは最大256色なので、256色を超えた場合はディザリングの処理を加えた方が良いでしょう。
先の例は256色に満たないので、「すべての色を割り付け」で書き出せば、ディザ0%でも24ビットカラーで書き出したものと同等のクオリティで書き出すことができます。

コメント / トラックバック

このエントリーに対するコメント / トラックバックはまだありません。

メールアドレスが公開されることはありません。
*が付いている欄は必須項目です

*
*

次のHTMLタグと属性が使えます : <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバック :

ページの先頭へ